【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

正しいケアのためにシミの種類を知ろう!

シミといっても、実はさまざまな種類があります。

シミは種類によって治療方法が異なるため、まずは自分の気になっているシミがどのタイプかを知ることが大切です。

シミの種類をいくつかまとめて紹介します。

  1. 肝斑
    頬や鎖骨のあたり、鼻の下などに左右対称にもやもやとできるシミです。女性ホルモンが関係しています。
  2. 老人性色素斑
    いわゆる紫外線による一般的なシミです。おでこや頬など紫外線を浴びる部位にできやすく、だんだんと色が濃くなります。
  3. そばかす
    茶色の小さなシミが鼻や鼻のまわりに点々とできます。遺伝的な要素が強いシミで、大人になると薄くなります。
  4. 後天性真皮メラノサイトーシス
    真皮にできるシミで、両頬や鎖骨部に灰褐色の色素班ができる「アザ」の一種です。ADMとも呼ばれます。
  5. 炎症後色素沈着
    ニキビやかぶれ、虫さされなどで炎症を起こしたあとに色素沈着が残るシミです。自然と消えるケースといつまでも消えないケースがあります。

種類によっては見た目で判断がつきにくいものもあるので、なかなか改善しない場合は一度クリニックで診てもらうといいと思います。

ADMの場合はレーザーによる治療も選択できますが、ほとんどの場合はシミへの有効成分が配合された医薬品で緩和することができます。