【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

肝斑

年齢とともに気になる肝斑について、詳しく説明しています。

肝斑はなぜできる?特徴からシミ対策まで紹介

30~40代の女性に多く見られる「肝斑(かんぱん)」には、以下のような特徴があります。

  • 額や鎖骨、鼻の下などにできやすい
  • 左右対称の範囲に雲のように広がって現れやすい
  • 妊娠や年齢によって色の濃淡が変化する
  • ケアしているのに広がっていく

サプリメントを飲んだり美白コスメを試したりしているのに、なぜか広がっていっているシミがあったら、それは肝斑かもしれません。

肝斑の原因は、女性ホルモン!

肝斑の原因は以前は肝臓が悪いからと考えられていましたが、今は肝臓とは関係ないことが分かっています。

では何が原因かというと、「女性ホルモン」が深く関わっているようです。肝斑が妊娠によって発症したり症状が悪化したり、閉経とともに薄くなったりするのも、この女性ホルモンが影響していると考えられています。

女性ホルモンが皮膚内の角化細胞(ケラチノサイト)を刺激することで、プラスミンというメラノサイトを活性化させる因子が増えます。

メラノサイトはメラニンを生成するためのいわば工場です。そのためメラノサイトが活性化するとメラニンが作り出され、シミとして肌表面に現れていきます。

「女性ホルモンが関係あるなら、肝斑は紫外線は関係ないのか」と思いがちですが、紫外線ももちろん関係あります。他のシミの種類と同様に肝斑も紫外線で濃くなってしまうため、きちんとしたケアは有効です。

ただし女性ホルモンが関係しているため、通常のシミ対策では薄くならない場合もあるので注意が必要になります。

肝斑対策のおすすめは?

肝斑に効果的なのは、メラノサイトを活性化させるプラスミンを阻害して、メラニンをつくるための情報伝達をブロックすることです。

そのためにはプラスミンを阻害する作用をもつ「トラネキサム酸」、メラニンを作るチロシナーゼをいう酵素を阻害する「L-システイン」、メラニンを直接還元してシミを薄くする「ビタミンC」が有効になります。

これらの薬を摂ることで、肝斑を身体の中から治療をしていくことができます。肌表面に肝斑が現れているからといって、フェイスマッサージで過度に刺激したりすると悪化の可能性もあるのでやめましょう。

内服薬のほか、食事でもビタミンCやビタミンEを含む食材をこまめに摂るのもおすすめです。