【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

そばかす

遺伝的要素が強い、そばかすについて詳しく説明しています。

小さな斑点状のそばかすの原因や特徴は?

シミとそばかすの違いがよく分からないという方は多いと思います。

一般的なシミである老人性色素斑は紫外線などのダメージや老化による要因が大きいですが、そばかすは遺伝的要素の強い肌トラブルと言われています。

そばかすは頬や目のまわり、背中や肩、腕などに薄茶色の小さな斑点状のものが散らばるようにできるシミです。

雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれていて、小さい頃に現れて思春期がピークになります。

その後だんだんと薄くなっていくのが特徴です。大人になるほど薄くなり目立たなくなりますが、まれに大人になってからできるそばかすもあります。

原因は遺伝的要素と紫外線

そばかすの原因は遺伝的要素が多く、両親のどちらかにそばかすがある場合は子どももできることが多いようです。ただし、遺伝的要素がすべてではありません。

発生した後は紫外線を浴びることでメラノサイトが活性化して、メラニンが生成されます。過剰に生成されたメラニンは肌のターンオーバーで排出されずに皮膚に残ってしまいます。

そばかすは、紫外線の影響によって色が濃くなりやすいものです。特に色白の方はそばかすが見えやすくなるので注意が必要です。

そばかすは日常のUVケアでも対策可能

そばかすは紫外線の影響を受けにくくすることで対策をすることができます。

外出するときは帽子を深くかぶったり日傘をさしたりするなどUVケアを行いましょう。

スキンケアを行うときも、クレンジングや洗顔でごしごし顔を洗わないこと。肌に負担をかけずに正しいケアをして、ターンオーバーを促します。

また、内服薬も有効です。L-システイン・ビタミンCが配合されているものを選ぶと、紫外線を浴びることで発生するメラニンを抑制することができます。

できてしまったそばかすもメラニンの無色化で緩和することができるので、目立たなくすることが可能です。

大人になってもそばかすが治らない場合は、内服薬とUVケアで対処していきましょう。