【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

後天性真皮メラノサイトーシス

20歳以降に発症するケースが多い、後天性真皮メラノサイトーシスについて説明しています。

後天性真皮メラノサイトーシスの特徴は「アザ」

後天性真皮メラノサイトーシスは、ADMや両側性遅発性太田母斑様色素斑とも呼ばれ、正確には「アザ」に分類されるシミです。

額の両端や鼻翼部、頬骨部などに直径1~3mm程度の色素班が現れます。左右対称に現れることが多く、青~黒、灰色のシミのように見えるアザが特徴です。

20~30代で現れることが多く、他の種類のシミと混在していることが多いため、後天性真皮メラノサイトーシスの鑑別は難しくなります。

肝斑やそばかすにも似ていますが、そばかすは幼少期からできるので発生時期で判断ができます。

問題となるのは肝斑との区別です。後天性真皮メラノサイトーシスの場合は治療方法が限定されるため、誤った判断を受けると治療が難しくなってしまいます。

後天性真皮メラノサイトーシスの原因はさまざま

一般的なシミはメラニンが表皮内で増えるのに対し、後天性真皮メラノサイトーシスは真皮内で増えます。

真皮内で増える原因として考えられているのは、加齢による肌老化や紫外線による光老化、ホルモンバランスの乱れ。そのほかにも過剰なスキンケアや遺伝性などさまざまです。

比較的新しい概念のシミなので、シミ治療の経験が少ない医師によっては知らない場合も多く、原因を究明するのも難しいようです。

実際に肝斑の治療を行っている人の中には、高い確率で後天性真皮メラノサイトーシスの方が存在していると言われています。

後天性真皮メラノサイトーシスにはレーザー治療

肝斑や老人性色素斑などが内服薬での治療が有効なのに対し、後天性真皮メラノサイトーシスはレーザー治療が有効です。

後天性真皮メラノサイトーシスは真皮層と呼ばれる皮膚の奥でメラニンが作られるため、Qスイッチレーザーというものを使用して皮膚の深くまで治療を行います。

Qスイッチレーザーを使用しても1回の照射でシミが取れることはないため、複数回受ける必要があります。

ただし問題となるのは肝斑と混在しているケースです。肝斑と混在している場合レーザー治療を受けると、肝斑の症状を悪化させる可能性があります。

その場合はまず肝斑の治療を行い、その後後天性真皮メラノサイトーシスの治療を行うことで両方とも効果を出すことができます。