【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

老人性色素斑

シミのなかで最も多いタイプ・老人性色素斑について、詳しく説明しています。

老人性色素斑の特徴と薬との関係性

いわゆる、紫外線のダメージによってできるシミが「老人性色素斑」です。

特徴としては、くっきりはっきりとした丸みのある茶色のシミになります。

手で触れるとその部分にざらつきがあったり、盛り上がっている場合もあります。一般的にシミといえばこの老人性色素斑で、シミの種類の中でも最も多いタイプです。

老人性色素斑の原因は「紫外線」

皮膚の外側にある表皮には、ケラチノサイト(表皮細胞)とメラノサイト(色素細胞)があります。

紫外線を受けるとメラノサイトからメラニン色素が生成され、紫外線から細胞核を守る働きをします。

通常は肌のターンオーバーによって作られたメラニンも一緒にはがれ落ちるのですが、加齢などが原因になって肌のターンオーバーのサイクルが短くなるとメラニンの排出がにぶくなり、皮膚の中にメラニンが残ってしまいます。

排出されずに残るメラニンと、紫外線を浴びることで増えるメラニン。この2つの要因によって、老人性色素斑はどんどん増えていきます。

メラニンをコントロールして、老人性色素斑を予防

紫外線は一年中浴びるものであり、肌表面に目立つシミがなくても、すでに肌内部には予備軍がたくさん眠っています。

老人性色素斑を防ぐためには紫外線を受けないようにするUVケアはもちろん、メラニンの生成を抑えることと、できてしまったシミを消していくことが大切です。

対策としてはL-システインでメラニンの働きを抑制しながら、ビタミンCやビタミンEも一緒に摂りメラニンを薄くするのが有効です。

さらに保湿ケアを徹底して肌のバリア機能を強化し、ターンオーバーを促すのも良いでしょう。新しい細胞を増やすことでメラニンを押し上げ、新しいシミを防いでいきます。