【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

炎症後色素沈着

放置するほど治りにくくなる、炎症後色素沈着について詳しく説明しています。

炎症後色素沈着の特徴とは?

ニキビやかぶれ、やけどなど、ひどい炎症を起こしたあとに、シミとなって跡が残ってしまう場合があります。これが炎症後色素沈着です。

炎症後色素沈着は放置する時間が長ければ長いほど取りにくくなり、色素がずっと残ってしまいます。

ニキビや湿疹などを隠すためにメイクでカバーをする方もいますが、それが原因でより悪化している場合もあります。

炎症の度合いにより色素沈着の度合いもひどくなりますが、新陳代謝が活発な方は特に治療をしなくても消えることもあります。

加齢によって新陳代謝が衰えてくると、少し引っ搔いた跡も消えにくくなり、色素が残ってしまっている方も多いことでしょう。

炎症後色素沈着の原因は皮膚の炎症

炎症後色素沈着の原因は、皮膚の炎症によって活性酸素が発生してメラニンを生成、その後メラニン色素が残った状態で色素沈着を起こしてしまうことです。

皮膚の炎症が治まり赤みが引いても色素が残ったままとなるため、特に色白な方ほど跡が目立ってしまいます。

皮膚の炎症には、ニキビや吹き出もの、虫さされ、やけど、アトピー性皮膚炎、あせも、極端な日焼け、湿疹などがあります。これらの炎症部分を例えば引っ搔く、擦ることでも色素沈着は簡単に起こります。

特に日本人を含む黄色人種はメラニンが多いため、皮膚の炎症を起こしたあとは色素沈着が起きやすいと言われています。

炎症後色素沈着が起きる場所は、炎症を起こしやすい場所です。ニキビの場合は顔や背中など。怪我をしやすい腕や脚もついつい掻いてしまいがちで、気づいた時には色素沈着が起きているという事があります。

炎症後色素沈着にはビタミンCが有効

炎症後色素沈着の主な治療方法は、ビタミンC内服などにより肌のターンオーバーを整えることです。

ビタミンCにはメラニン色素の合成を抑制する働きがありますし、新陳代謝を活性化する作用もあります。同時に美白化粧品などで肌表面からのケアも行うと、徐々に色素が淡くなっていく可能性が高まります。

紫外線があたるとシミがさらに濃くなる場合もあるので、UVケアや摩擦なども気をつけた方が良いでしょう。