【厳選】できてしまったシミに効く飲み薬・調査隊!

内側からケアして美肌に導く~シミに効く薬を紹介します~

シミができるメカニズム

正しいケアをするために、知っておきたいシミのメカニズムを説明しています。

シミの多くの原因になるのが「メラニン色素」

シミと一口にいっても、肝斑や老人性色素斑、そばかすなどさまざまな種類があります。それらの種類のシミの中でも、一般的な原因となるのが「メラニン」です。

例えば黒人やアジア人、白人などの肌の色は異なりますが、それを分けるのはメラニン色素の比率になります。肌の色を決定する要素の一つにメラニン色素があり、皮膚が日光に当たることで生成される色素です。

紫外線から細胞や皮膚を守る働きもありますから、決して悪いものではありません。メラニンが人間の身体になかったら、人間は皮膚がんになってしまうのです。

では、何が問題かというと、このメラニンが「必要以上に作られる」ことと、「いらなくなったメラニンが上手く押し出されないこと」の2つがあります。

過剰にメラニンが生成されると排出が追いつかず、皮膚の中にメラニンが残ってしまいます。シミになってしまうのは、このメラニンの供給と排出のバランスが崩れているからだと考えられます。

シミ対策には毎日のお手入れを続けることがポイント!

シミといえば紫外線と思う浮かべるほど、紫外線が原因と思っている方は多いでしょう。

紫外線は多くあたると必要以上のメラニンを作ってしまいますが、ただそれだけがシミの原因になっているわけではありません。

メラニンは通常作られたあとは肌のターンオーバーで上手く排出されて消えていきます。ところが紫外線は細胞にダメージをあたえると同時にコラーゲンも壊すため、肌が正常に生まれ変わるサイクルも崩れてしまうのです。

メラニンを必要以上に作り、押し出す力もなくしてしまうこと。これが紫外線の怖さです。

紫外線は一年中降り注いでいますが、日差しが強い夏以外はついつい油断してしまいます。

そのため気が付けばメラニンが過剰に増えて、ある日突然シミが増えたように見えるのです。シミを予防するには、じわじわとメラニンが蓄積するのを防ぐように、毎日のケアが最も効果的です。

ただし紫外線だけがメラニンの排出を鈍くしているわけではありません。加齢や摩擦などの刺激、ストレス、ホルモンバランスの乱れなども挙げられますから、内服薬などでシミを身体の内側からケアしていくことが重要です。